東京都中央区には公園や児童公園が非常に多いです。

赤ちゃんがいるご両親にとってはとてもありがたく、毎日、一緒に遊びに連れて行ってあげているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、公園や児童公園しか遊び場を知らないと、雨など天気の悪い日は遊べなくなってしまいますよね。

また、毎日同じ場所、同じ遊具で子どもが飽きてしまうこともあるかもしれません。

そこで、この記事では、公園や児童公園だけではない、中央区で赤ちゃんと楽しめる遊び場をご紹介しています。

「気の悪い日も遊ばせてあげたい」

「いつもとは違うところに行かせてあげたい」

「大人も一緒に楽しめる場所へ行きたい」

という方は、ぜひ参考にしてみてください。

東京都中央区で赤ちゃんも一緒に楽しめるおすすめの遊び場3選

赤ちゃんと一緒に楽しめる、中央区のスポットの中でも特におすすめの遊び場を3ヶ所ピックアップしてご紹介します。

詳しい情報は、遊び場一覧に詳しく掲載しますので、興味がわいたらチェックしてみてくださいね。

勝どき「グロースリンクかちどき」

中央区で子育てをするのなら、「グロースリンクかちどき」は知っておいた方が良いでしょう。

勝どき駅近くにあるマンションに併設された子育て支援施設で、マンション入居者以外でも会員登録をすれば利用可能な施設です。

また、登録した後は、会員証を紛失しない限り年会費や更新料など追加の費用は必要ありません。

大きなジャングルジムのある室内公園があるのが特徴で、天気を気にせず遊べます。

おもちゃも充実しており、小さな子どもは専用スペースがあるなど、年齢や好みに合った遊び方ができます。

また、別途料金が必要ですが、赤ちゃんから大人までさまざまなレッスンも提供されています。

アートや音楽、体操などの親子レッスンも多数あり、親子のコミュニケーションや、同じ悩みを持つ方同士の交流の場になっています。

中央区各児童館「乳幼児クラブ」

各児童館が開催している乳幼児クラブは、近隣に住む同じ歳の子ども達同士が集まるため、遊びながら友達の輪を広げることができます。

親同士の交流も深められるので、子育ての悩みも共有、相談でき、情報交換もできるので、一人で悩んで辛い思いをするということも少なくなるでしょう。

随時申し込みが可能で、無料で参加できるためお財布にも優しく、また、屋内で遊ばせることができるのもポイントです。

ただし、曜日ごとに子どもの対象年齢が定められていますので、残念ながら毎日通うことはできません。

銀座「博品館TOY PARK銀座本店」

さまざまな種類のおもちゃが並んでおり、大人もワクワクしてしまうおもちゃ専門店。

4階ある巨大なスロットカーサーキットも迫力満点です。

なかには、お試しで遊ぶことのできるおもちゃもあり、楽しみながらおもちゃを選ぶことができます。

ただし、あくまでも「おもちゃ屋さん」ですので、マナーを守ってお試し”するようにしてくださいね。

東京都中央区で赤ちゃんも一緒に楽しめる遊び場一覧

遊び場 所在地
  1. ポリスミュージアム(警察博物館)
東京都中央区京橋3-5-1
②博品館TOY PARK銀座本店 東京都中央区銀座8-8-11
③グロースリンクかちどき 東京都中央区勝どき1-3-1 Brillia ist Tower 勝どき 1F
④中央区各児童館「乳幼児クラブ」 中央区各児童館

 築地児童館:築地7-9-17

 新川児童館:新川2-13-4

       明正小学校等複合施設5階

 堀留町児童館:日本橋堀留町1-1-1

        日本橋保健センター等複合施設6階

 浜町児童館:日本橋浜町3-37-1 浜町会館3階

 佃児童館:佃1-11-1

      シニアセンター等複合施設2階

 月島児童館:月島4-1-1 区民センター2階

 勝どき児童館:勝どき1-8-1 勝どきビュータワー4階

 晴海児童館:晴海2-4-31

⑤ポケモンセンタートウキョーDX 東京都中央区日本橋2丁目11番2号日本橋髙島屋S.C.東館 5階

 ①銀座「ポリスミュージアム」

警察の始まりから現在までの歴史を学べる博物館、「ポリスミュージアム」。

これだけ聞くと堅苦しいイメージになるかもしれませんが、そんなことはありません。

子どもも楽しく学べるように工夫されていて、アニメーション映像を使った展示や警察のお仕事を体験できるコーナーが設けられています。

体験コーナーでは交番での仕事や指紋採取、110番通報が体験できるほか、自転車の運転シミュレーターも設置されています。

また、警察官や白バイ隊員の制服を着て写真撮影をすることができます。

パトカー、白バイ、ヘリコプターの展示もあり、白バイとヘリコプターには実際に乗車可能です。

基本情報

住所 中央区京橋3-5-1
利用時間 9:30~17:00

休館日:月曜日・年末年始(12/28~1/4)

利用料金 無料
電話番号 03-3581-4321(警視庁代表)
公式ホームページ https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/welcome/welcome/museum_tour.html

 アクセス

東京メトロ銀座線「京橋駅」2番出口から徒歩2分

東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」A13出口から徒歩6分

東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」7番出口から徒歩4分

都営浅草線「宝町駅」A4出口から徒歩5分

JR「有楽町駅」京橋口から徒歩7分

JR「東京駅」八重洲南口から徒歩10分

 ②銀座「博品館TOY PARK銀座本店

地下1階から4階まで、約20万点といわれる豊富なおもちゃを取り揃えおもちゃ専門店。

キッズトイからぬいぐるみ、バラエティグッズやゲームまで、大人も子どももわくわくできるおもちゃを多数取り扱っています。

4階には1/32サイズのスロットカーのサーキット「RACING PARK」があり、初心者の方でもレンタルマシンを走らせることができます。

口コミによると、お試しで遊ぶことができるおもちゃも多数あり、実際に遊びながらおもちゃを選ぶこともできるようです。

5階、6階にはレストランがあり、遊び疲れた後にもすぐに休憩できるのもおすすめポイントの一つです。

基本情報

住所 東京都中央区銀座8-8-11
利用時間 11:00~20:00
利用料金 無料

RACING PARK走行料:200円/5分

電話番号 03-3571-8008
公式ホームページ http://www.hakuhinkan.co.jp/

 アクセス

東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」「A2出口から徒歩5分

JR「新橋駅」銀座口から徒歩3分、東京メトロ銀座線「新橋駅」1番出口から徒歩3分 

 ③勝どき「グロースリンクかちどき」

おすすめの遊び場3選でも挙げた、「グロースリンクかちどき」。

天気を気にせず安全に遊ばせられる屋内公園が最大の魅力です。

プレイホールにはロープでできた巨大なジャングルジムがあります。

らせん状の滑り台やトンネル、ハンモックなどもあり、屋外の公園に引けを取らずさまざまな遊び方ができます。

他にも、線路を繋げて汽車を走らせたり、キッチン玩具でままごとをしたりなど、多くのおもちゃが揃えられています。

小さな子どもは、「よちよちスペース」で安全に遊ぶことができます。

グロースリンクかちどきでは、屋内だけでなく外遊びも可能です。

プレイホールを出てすぐのところには、夏季限定で開放される「じゃぶじゃぶ池」があります。

暑い日などには、子どもと一緒に思い切り水遊びができます。

また、ロープと足場を使って壁をよじ登って遊ぶ「クライミングウォール」もあります。

公園ではなかなかできない、簡易なボルダリングが楽しめます。

子どもが遊んでも安全なように、地面は柔らかいウレタン素材となっています。

外で遊ぶ「じゃぶじゃぶ池」と「クライミングウォール」には監視員がついていませんので、保護者の方は必ずそばで見守ってあげるようにしてください。

基本情報

住所 東京都中央区勝どき1-3-1 Brillia ist Tower 勝どき 1F
利用時間 月曜日11:00~15:00

火~土曜日10:00~17:00

(13:00までは未就学児専用)

利用料金 会員登録費:3500円(web登録3000円)
電話番号 03-5859-0825
公式ホームページ http://growthlink.jp/

 アクセス

都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅A1出口から徒歩2分、A4b出口から徒歩4分

都バス「勝どき橋南詰停留所」から徒歩1分

④中央区各児童館「乳幼児クラブ」

中央区の各児童館では、子育て支援の一環として「乳幼児クラブ」というふれあいの場を開設しています。

親子のコミュニケーションや同じくらいの子どもを持つ親同士の交流を深め、情報交換や悩み相談の場として利用できます。

中央区在住で、保育園や幼稚園に入園していない0~2歳くらいの子どもが対象です。

体操や工作、手遊び、紙芝居をはじめ、季節に応じた行事などの活動をしています。

・基本情報

住所 中央区各児童館

 築地児童館:築地7-9-17

 新川児童館:新川2-13-4

       明正小学校等複合施設5階

 堀留町児童館:日本橋堀留町1-1-1

        日本橋保健センター等複合施設6階

 浜町児童館:日本橋浜町3-37-1 浜町会館3階

 佃児童館:佃1-11-1

      シニアセンター等複合施設2階

 月島児童館:月島4-1-1 区民センター2階

 勝どき児童館:勝どき1-8-1 勝どきビュータワー4階

 晴海児童館:晴海2-4-31

利用時間 火・木・金曜10:30~11:30
利用料金 無料
電話番号 中央区各児童館

 築地児童館:03-3544-0127

新川児童館:03-3553-2084

 堀留町児童館:03-3661-8937

 浜町児童館:03-3669-3386

 佃児童館:03-3531-7811

 月島児童館:03-3533-0885

 勝どき児童館:03-3531-3250

 晴海児童館:03-3534-3021

公式ホームページ https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/shien/jidokan/nyuuyouzikurabu.html

アクセス

築地児童館:

東京メトロ日比谷線「築地駅」3・4番出口から徒歩7分

東京メトロ有楽町線「新富町駅」6番出口から徒歩10分

都バス「聖路加病院前停留所」から徒歩2分、「築地七丁目停留所」から徒歩2分

新川児童館:

東京メトロ日比谷線・東西線「茅場町駅」1番出口から徒歩6分

東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」A4番出口から徒歩7分

JR京葉線「八丁堀駅」B4番出口から徒歩5分

都バス「新川停留所」から徒歩3分

堀留町児童館:

東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「人形町駅」A5番出口から徒歩5分

東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」3番出口から徒歩5分

都バス「堀留町停留所」から徒歩2分

浜町児童館:

東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「人形町駅」A1番出口から徒歩15分

東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」4番出口から徒歩10分

都営地下鉄新宿線「浜町駅」A2番出口から徒歩5分

都バス「浜町二丁目停留所」から徒歩2分

佃児童館:

東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島駅」6番出口から徒歩8分

都バス「リバーシティ21停留所」から徒歩1分

月島児童館:

東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島駅」10番出口から徒歩1分

都バス「月島三丁目停留所」から徒歩1分

勝どき児童館:

都営地下鉄大江戸線「勝どき駅」A4番出口から徒歩1分

都バス「勝どき橋南詰停留所」、「勝どき三丁目停留所」から徒歩2分

晴海児童館:

都営地下鉄大江戸線「勝どき駅」A2番出口から徒歩17分

都バス「晴海三丁目停留所」から徒歩4分

 ⑤日本橋「ポケモンセンタートウキョーDX&ポケモンカフェ」

ポケモン好きにはたまらない、ポケモンオフィシャルショップ「ポケモンセンタートウキョーDX」。

人気キャラ「ピカチュウ」をイメージしたカレーなど、ポケモンのキャラクターをイメージしたフードやドリンクが楽しめるポケモンカフェも併設されています。

現在ポケモンカフェがあるのはここだけで、2019年9月に2号店が大阪・心斎橋にオープンします。(2019年6月時点)

かわいらしいキャラクターをかたどったフードは、食べるのがもったいないと感じてしまうこと間違いなし。

カラフルでかわいらしい見た目で、“インスタ映え”要素もたっぷり。

小さな子どもだけでなく、大人も楽しめるはずです。

当日、キャンセル待ちに並べば入店できることもあるようですが、人気店で平日・休日ともに混雑しますので、来店の予定がある場合には早めの予約をおすすめします。

ショップではゲームソフトやカードゲームをはじめ、ぬいぐるみやおもちゃ、その他さまざまなオリジナルグッズが販売されています。

また、店内にはタッチパネル式で操作できるポケモン図鑑があり、子どもが触って楽しむこともできるようです。

基本情報

住所 東京都中央区日本橋2丁目11番2号 日本橋髙島屋S.C.東館 5階
利用時間 (DX)10時30分~21時

(カフェ)10時30分~22時(事前予約制)

利用料金 商品・飲食代
電話番号 (DX)03-6262-6452

(カフェ)03-6262-3439

公式ホームページ https://www.pokemon.co.jp/gp/pokecen/tokyodx/

 アクセス

JR「東京駅」八重洲北口から徒歩5分

東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」都営地下鉄浅草線「日本橋駅」から徒歩4分

 まとめ

いかがでしたか?

東京都中央区で、赤ちゃんも一緒に楽しめる遊び場をご紹介しました。

中央区には、公園や児童公園が多く、赤ちゃんを連れて遊びに来ている親子も多いです。

砂場に囲いがしてあったり、高さの低めの遊具があったりなど、衛生面や安全面に配慮されている公園も非常に多いです。

しかし、公園なら、赤ちゃんも遊べるのは当然!ですよね。

そのため、この記事ではあえて公園を挙げずに、他の施設をご紹介してみました。

子育て支援に力を入れた「グロースリンクかちどき」や各児童館での「乳幼児クラブ」は、子どもが遊べるだけでなく親同士の交流や情報収集の場にもなりますので、子育てビギナーのパパ・ママには特におすすめです。

ポリスミュージアムは普段体験できない警察の仕事が疑似体験できるのも子どもにとっては刺激的ですし、制服を着て写真撮影もできるので思い出作りにもいいでしょう。

博品館やポケモンセンターはお店ですので実際には遊び場ではありませんが、お試しのおもちゃがあったり、触って楽しむ仕掛けがあったりと、子どもも大人も楽しめる環境となっています。

公園も良いですが、たまには環境を変えて、こういった場所で遊んでみるのはいかがでしょうか?

おすすめの記事