中央区は日本で一番地価が高いといわれる銀座エリアを有し、日本の中心とも呼べる場所です。

オフィスやショッピング施設ばかりのイメージを持っている方も多いかと思いますが、住みやすさはどうなのでしょうか?

今回は中央区の住みやすさについて、8つの指標を元に掘り下げていきたいと思います。

意外と知られていない中央区の姿が発見できますので、ぜひ最後までご覧ください!

東京都中央区の住みやすさの特徴

中央区は銀座・日本橋といったエリアに多くのショッピング施設や飲食店を抱えており、買い物や食事では飽きることなく過ごすことができます。

また、歌舞伎座・新橋演舞場・明治座など日本の伝統的な文化に触れられる施設も多いのが特徴。

隅田川沿いのエリアには自然を楽しめる公園などもあり、区民の憩いの場となっています。

ファミリー世帯にとっての中央区の住みやすさ

中央区は東京都内のどこにもアクセスしやすく、教育の選択肢を広くとれるのがメリットです。

実際に、中央区の私立小学校進学率は40%もあり、多くの児童が区外に進学しています。

待機児童の割合が23区の中で高めなのがネックですが、地震に対する安全性や、病院の多さなど子育てする上で安心できる要素も揃っています。

単身・一人暮らしにとっての中央区の住みやすさ

平成27年の国勢調査によると中央区の単身世帯の割合は54%となっています。

中央区は東京の真ん中に位置しているので、どこに行くにもアクセスしやすいので、非常に便利。

また、銀座・日本橋などがあるので、食事やショッピングにも困らないでしょう。

しかし、中央区の家賃相場は1R・1K・1DKの間取りでは23区で3番目に高く、単身・一人暮らしにとっては家賃の高さが一番の懸念事項になると言えます。

中央区の住みやすさ情報一覧

続いて、中央区の住みやすさをもう少し詳しく見ていきましょう。

今回は8つの指標から住みやすさを考察していきたいと思います。

  1. 家賃相場
  2. 世帯年収
  3. アクセス・駅数
  4. 治安状況
  5. 地震・災害
  6. 子育て環境
  7. 病院
  8. スポット

中央区での居住を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

①家賃相場

まずは中央区の家賃相場について見ていきましょう。

家賃は日々の生活費の中でもかなり大きな比率を占めますので、生活や住みやすさに大きな影響を与えます。

今回は他の東京23区の家賃相場と間取り別で比較をしました。

地域 1R・1K・1DK 1LDK・2K・2DK  2LDK・3K・3DK
千代田区 12.19万円 20.86万円 31.93万円
中央区 11.57万円 18.50万円 26.12万円
港区 12.89万円 24.18万円 33.49万円
新宿区 10.75万円 19.02万円 25.07万円
文京区 9.67万円 15.89万円 21.98万円
台東区 9.98万円 15.14万円 19.67万円
墨田区 8.97万円 13.46万円 16.64万円
江東区 9.79万円 14.24万円 19.40万円
品川区 9.79万円 16.62万円 23.18万円
目黒区 10.61万円 18.87万円 25.66万円
大田区 8.30万円 12.73万円 15.11万円
世田谷区 8.96万円 14.12万円 18.78万円
渋谷区 11.46万円 21.60万円 30.83万円
中野区 8.76万円 13.99万円 18.87万円
杉並区 8.25万円 12.73万円 15.45万円
豊島区 8.79万円 14.38万円 21.31万円
北区 8.11万円 11.92万円 16.19万円
荒川区 8.36万円 12.30万円 15.58万円
板橋区 7.95万円 10.43万円 13.36万円
練馬区 7.48万円 9.93万円 12.70万円
足立区 7.25万円 10.10万円 11.20万円
葛飾区 6.61万円 9.10万円 11.40万円
江戸川区 7.12万円 9.29万円 12.02万円

(参照:https://www.homes.co.jp/)
(2019年6月時点)

1R・1K・1DKの間取りでは港区(12.89万円)・千代田区(12.19万円)に次いで、中央区(11.57万円)と3番目に高い家賃相場。

1LDK・2K・2DKの間取りでは港区(24.18万円)・渋谷区(21.60万円)・千代田区(20.86万円)・新宿区(19.02万円)・目黒区(18.87万円)に次いで、中央区(18.50万円)と6番目に高い家賃相場。

2LDK・3K・3DKの間取りでは港区(33.49万円)・千代田区(31.93万円)・渋谷区(30.83万円)に次いで、中央区(26.12万円)と4番目に高い家賃相場となっています。

中央区は東京23区の中でも家賃相場上位にランクインする地価の高いエリアと言えるでしょう。

②世帯年収

続いて、中央区の世帯年収について見ていきます。

まず、中央区の平均世帯年収ですが、ある調査によると、2018年時点で647万1460円となっており、全国の市区町村で6番目に世帯収入が高い地域となっています。

ここ数年の平均世帯年収は全国5位〜7位で推移しており、高所得者が長く居住しているということがわかりますね。

全国順位 所得・年収
2018 6 647万1460円
2017 5 634万5647円
2016 6 617万9072円
2015 6 595万109円
2014 7 593万1226円
2013 5 555万8065円
2012 5 546万7628円
2011 5 543万2298円
2010 5 541万3469円

(参照:https://www.nenshuu.net/prefecture/shotoku/shotoku_city.php?code=131024)

続いて、中央区に住む人の年収割合についても見てみましょう。

まず目立つのが300万円以下の世帯が少ないということです。

全国平均が35%に対して、中央区の平均は18%となっています。

世帯年収 世帯数 割合
300万円未満 13750世帯 18% (全国平均:35%)
300万円〜500万円 17490世帯 23% (全国平均:26%)
500万円〜700万円 13430世帯 18% (全国平均:15%)
700万円〜1000万円 12460世帯 16% (全国平均:10%)
1000万円以上 15320世帯 20% (全国平均:6%)
世帯総数 76170世帯 100%

(参照:https://www.nenshuu.net/prefecture/shotoku/shotoku_city.php?code=131024)

また、年収1000万円以上の世帯も全国平均6%に対して中央区は20%となっている点も目立ちます。

中央区は年収1000万円以上の高所得者が特に多い地域と言えるでしょう。

③アクセス・駅数

中央区は東京23区のほぼ真ん中に位置しています。

交通網の特徴としては、JRの駅は3駅と少なく地下鉄の駅が29駅と多いということです。

地下鉄は東京メトロと都営地下鉄の2つがあり、区内を9路線が走っています。

<総武快速線>

新日本橋駅 / 馬喰町駅

<京葉線>

八丁堀駅

<銀座線>

銀座駅 / 京橋駅 / 日本橋駅 / 三越前駅

<日比谷線>

銀座駅 / 東銀座駅 / 築地駅 / 八丁堀駅 / 茅場町駅 / 人形町駅 / 小伝馬町駅

<丸ノ内線>

銀座駅

<東西線>

日本橋駅 / 茅場町駅

<有楽町線>

銀座一丁目駅 / 新富町駅 / 月島駅

<半蔵門線>

三越前駅 / 水天宮前駅

<都営浅草線>

東銀座駅 / 宝町駅 / 日本橋駅 / 人形町駅 / 東日本橋駅

<都営新宿線>

馬喰横山駅 / 浜町駅

<都営大江戸線>

月島駅 / 勝どき駅 / 築地市場駅

「池袋・埼玉方面」へは有楽町線・丸ノ内線、「千葉方面」へは京葉線・東西線、「渋谷方面」へは銀座線・半蔵門線で出ることができます。

品川・神奈川方面を除けば、非常にアクセスがしやすい立地となっています。

④治安状況

中央区の犯罪発生率は1.68%となっており、23区中19位です。(平成29年度時点)

残念ながら23区の中では治安が良い地域とは言えません。

地域 人口 犯罪件数 犯罪発生率
文京区 226,419 1329 0.59%
杉並区 575,326 3783 0.66%
品川区 396,993 2792 0.70%
世田谷区 921,120 6533 0.71%
練馬区 731,082 5235 0.72%
目黒区 282,785 2066 0.73%
荒川区 215,868 1676 0.78%
中野区 335,377 2679 0.80%
大田区 728,349 5871 0.81%
板橋区 573,669 4677 0.82%
江戸川区 691,121 5902 0.85%
江東区 509,438 4359 0.86%
北区 348,425 3157 0.91%
葛飾区 450,014 4241 0.94%
足立区 676,761 6633 0.98%
墨田区 263,484 2844 1.08%
豊島区 297,763 4778 1.60%
港区 252,786 4069 1.61%
台東区 202,462 3354 1.66%
中央区 154,728 2595 1.68%
新宿区 343,067 6485 1.89%
渋谷区 229,519 5400 2.35%
千代田区 60,934 3287 5.39%

(参照:https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/index.html)
(参照:http://www.toukei.metro.tokyo.jp/tnenkan/2017/tn17q3i002.htm)

しかし、犯罪が起きている地域を詳しく見ると、犯罪が多いのは銀座や日本橋といった中心エリアとなっており、住宅街エリアでの犯罪は少ない傾向にあります。

また、中央区内での犯罪は半分以上が車上荒らし・すり・万引きなどの非侵入窃盗。

<中央区で犯罪が多い地域 TOP10>

地域 犯罪件数
中央区銀座4丁目 173
中央区銀座6丁目 159
中央区銀座3丁目 153
中央区銀座5丁目 126
中央区銀座8丁目 118
中央区日本橋2丁目 95
中央区銀座7丁目 83
中央区銀座2丁目 80
中央区日本橋室町1丁目 60
中央区銀座1丁目 58

凶悪犯罪の件数だけで見れば、トップの新宿が46件に対して、中央区は10件となっており、23区内で2番目に凶悪犯罪が少ない区となっています。(平成29年時点)

また、発生率で見ても、23区内で7番目に少ないので、車上荒らし・すり・万引きの犯罪は多いですが、凶悪犯罪は少ない地域だと言えるでしょう。

⑤地震・災害

東京都が発表している「地震に関する地域危険度測定調査」によると、中央区は自地震に強い地域と言えます。

地震に関する地域危険度測定調査では、地震の危険度を1から5までの5段階で評価しているのですが、中央区で危険度が「4」「5」と判定された地域はありません。(数字が大きくなるほど危険とされています)

また、中央区では防災に関するスマートフォンアプリをリリースしており、自宅近くの避難場所などが把握できるような取り組みをしています。

⑥子育て環境

中央区は他の23区と比べると、少し保育所に入所しにくい地域となっています。

東京都が2018年7月に発表したデータによると、待機児童数は5414人となっており、23区内でも待機児童が多い状況です

<中央区の認可保育園>
小学館アカデミー晴海保育園 / TKチルドレンズファーム湊校 / ナーサリールームベリーベアー日本橋 / 月島雲母保育園 / 区立保育園 / ブライト保育園東京入船 / ぽけっとランド明石町保育園 / 太陽の子新川保育園 / あい保育園新川 / 日生新川保育園ひびき / にじいろ保育園小伝馬町 / ほっぺるランド日本橋堀留町 / さくらさくみらい 人形町 / あい保育園日本橋 / かふう保育園日本橋 / モニカ人形町園 / グローバルキッズかきがら園 / コビープリスクールはこざき / あい保育園水天宮 / 学栄ナーサリー日本橋蛎殻町保育園 / テンダーラビング保育園東日本橋 / 日生東日本橋保育園ひびき / キッズハウス浜町公園 / ほっぺるランド佃 / 保育所まぁむ月島駅前園 / みちてる保育園 / 太陽の子月島保育園 / アンジェリカ月島保育園 / さくらさくみらい 月の岬 / 月島聖ルカ保育園 / まなびの森保育園勝どき / ほっぺるランド勝どき / アスク勝どき保育園 / ベネッセ勝どき保育園 / ほっぺるランド新島橋かちどき / 勝どきえほん保育園 / ニチイキッズさわやか勝どき6丁目保育園本園 / ポピンズナーサリースクール晴海 / さくらさくみらい 晴海 / アスク晴海3丁目保育園

<中央区の幼稚園>
泰明幼稚園 / 中央幼稚園 / 明石幼稚園 / 京橋朝海幼稚園 / 明正幼稚園 / 常盤幼稚園 / 日本橋幼稚園 / 久松幼稚園 / 有馬幼稚園 / 月島幼稚園 / 月島第一幼稚園 / 月島第二幼稚園 / 晴海幼稚園 / 豊海幼稚園

小学校・中学校


中央区にある小学校は全て公立の小学校です。

それにも関わらず、私立小学校への進学率が高いことで知られています。

中央区は平均年収も高いこともあり、区外の私立中学校に進学させる家庭が多いのです

公立中学校は4校ありますが、中央区は「中学校自由選択制」をとっており、どの中学校でも自由に進学希望ができる制度をとっているのが特徴です。

子育て支援・児童手当・行政サービス

中央区には2つの特徴的な子育て支援制度があります。(2019年6月時点)

1つ目は新生児誕生祝品(区内共通買物券)の支給で、区内で使える3万円分の買い物券が支給されます。

また、2つ目の制度として出産支援祝品があり、産婦人科への通院のためにタクシー利用券1万円分を支給。

他にも、次のような子育て世代向けの手当がありますので、確認しておきましょう。

■児童手当

■子ども医療費助成

■児童扶養手当

■児童育成手当(育成)

■ひとり親家庭等医療費助成

■未熟児養育医療

■自立支援医療(育成医療)

■結核児童の療育給付

■小児慢性疾患

■小児精神障害者入院医療費助成制度

■中央区外国人学校生徒等の外国人保護者に対する補助制度

■私立幼稚園就園奨励費補助金・私立幼稚園等園児保護者負担軽減補助金

⑦病院

中央区は、区民1人に対する病院数が多く、医療が充実している地域と言えます。

区民1人に対する病院数は千代田区に次いで23区中2番目に多くなっています。

また、国立がん研究センター・聖路加国際病院といった大規模医療施設が立地しているのも特徴の一つと言えるでしょう。

⑧スポット

中央区は、オフィスやショッピング施設が多いですが、江戸時代には日本橋や京橋など下町として栄えた地域なので、文化的な施設も数多くあります。

歌舞伎座・新橋演舞場・明治座など伝統的な芸能関連の施設だけでなく、ブリヂストン美術館・三井記念美術館など大企業が運営する施設も点在。

また、隅田川沿いのエリアは埋め立てをした地域で、浜離宮・石川島公園・晴海ふ頭公園など自然に触れられるような施設も数多くあります。

築地川公園デイキャンプ場・浜町公園デイキャンプ場という日中にキャンプができる場所まであるので、休日に手軽に自然を楽しむことができますね。

中央区に住む場合の注意点

中央区に住む際の1番の注意点は地価の高さだと言えるでしょう。

賃貸の場合は、中央区から少し外れると同じ賃料でもより広い間取りに住める場合もあります。

特にファミリー世帯は、子供の将来の成長も考慮して住居選びを進めましょう。

また、日用品を購入するスーパーマーケットの規模が小さい場所が多いので、周辺のスーパーマーケットについては事前に確認しておくことをおすすめします。

東京都中央区の住みやすさ情報まとめ

銀座を有する中央区は、憧れの街の1つ。

日本有数のオフィス街・ショッピング街だけでなく、文化的な施設や自然を感じられるスポットもある魅力あるエリアです。

居住を考えている方は、こちらの情報を参考に検討してみてください。

おすすめの記事