近年では少子高齢化の加速によって、幼稚園に通う子どもが減っている傾向にあります。

特に中央区では自治体の財政難によって公立幼稚園の数が少なくなっています。

しかし、公立幼稚園は小学校に併設される形で残っているので、問題なく子どもを通園させることができるでしょう。

しかし、問題は私立幼稚園に通いたい場合の手段です。

私立幼稚園は自ずと中央区外で通うことになり、入園料や保育料も高いのでそこで悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、私立幼稚園に通う時に利用したい補助金制度についてご説明しましょう。

1. 中央区は幼稚園の補助金が充実している?

中央区は幼稚園に通う子どもや親のための補助金制度が充実していると言えるでしょう。

特に私立幼稚園に通園する場合に利用できる心強い補助金制度があるので、私立幼稚園に通園させる予定の人はどんな内容になっているのか確認する必要性があるでしょう。

私立幼稚園に通園させる時に利用できるのは、『私立幼稚園就園奨励補助金』と『私立幼稚園等園児保護者負担軽減補助金』の2つです。

この2つの補助金を利用することができれば、幼稚園に通園する子どもや親にとって、有意義な制度になるでしょう。

2. 中央区の私立幼稚園就園奨励補助金とは?

中央区が実施している私立幼稚園就園奨励補助金とは、世帯の所得状況に応じて中央区から補助金が交付される制度です。

所得制限がありますが、世帯の住民税所得割課税額の合計や通園する子どもの人数によって補助金額が変わります。

対象となる施設に通う子どもが多いほど、多くの補助金を支給してもらえるということになります。

それでは、対象世帯と補助限度額、申請方法についてご説明しましょう。

2-1. 対象世帯と補助限度額

私立幼稚園就園奨励補助金の対象になる世帯は、中央区から補助金を支給されることになるので幼稚園に通う子どもとその保護者が中央区に住んでいることが第一の条件です。

つまり、中央区の住民登録を済ませていないと対象世帯に含まれません。

また、子どもが補助金を支給する対象となる幼稚園に通っていることが条件ですが、子ども及び子育て支援新制度に移行した幼稚園は対象外となります。

さらに私立幼稚園に通う子どもは3歳、4歳、5歳が対象です。

そして子どもが通園する幼稚園に入園料と保育料を支払っていることが主な条件となります。

なお、補助限度額は申請した時の家庭の状況によって大きく変わります。

生活保護世帯では子どもの人数に関わらず、年額30万8000円が支給されます。

また、区市町村村民税所得割税額が21万1200円以下の場合、一人目は6万2200円、二人目は18万5000円、三人目は30万8000円となります。

参照元:https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/teate/youchien_hojo.files/shuenhojo-gendogaku.pdf

2-2. 補助金の申請方法

私立幼稚園就園奨励補助金の申請を行うためには、対象となる幼稚園に通園していることを証明するため、幼稚園を通じて必要書類が配布されます

配布された書類に必要事項を記載し、再度通園している幼稚園に書類を提出することで申請することが可能です。

また、申請時期は上半期分と下半期分の2回に分かれており(2017年6月14日更新情報)、4月~9月分の上半期分は6月~7月頃に申請を行うことで、11月頃から補助金が交付されます。

そして10月~3月の下半期分は12月~1月頃に申請することで、3月頃から補助金が交付されます。

3. 中央区の私立幼稚園等園児保護者負担軽減補助金とは?

私立幼稚園等園児保護者負担軽減補助金とは中央区から支給される補助金であり、保護者の経済的な負担を軽減させるための制度です。

就園奨励補助金と非常によく似ているので、申請する補助金を間違えないようする必要性があるでしょう。

3-1. 対象世帯と補助限度額

私立幼稚園等園児保護者負担軽減補助金は就園奨励補助金の対象世帯とほぼ同じです。

対象となる幼稚園は子ども及び子育て支援新制度に移行した幼稚園も含まれているので、実質的にほとんどの私立幼稚園が対象になると言えます。

その他にも、短時間利用時にのみ私立認定子ども園や、東京都が指定する幼稚園に類似した養護施設も対象となります。

あとは就園奨励補助金と同じ条件です。

補助限度額は最低2400円~最高6200円で、生活保護世帯や区市町村村民税所得割非課税世帯は人数に関係なく6200円が支給されます。

区市町村村民税所得割税額が25万6300円の場合、一人目は2400円、二人目以降は5000円が支給されます。

参照元:https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/teate/youchien_hojo.files/hogoshafutan-gendogaku.pdf

3-2. 補助金の申請方法

補助金の申請方法は就園奨励補助金と同じく、通園する幼稚園から必要書類をもらい、必要事項を記入して通園している幼稚園に提出します。

申請時期も就園奨励補助金と一緒となっています。

4. まとめ

中央区の私立幼稚園は公立幼稚園よりも入園料や保育料が高く、経済的な負担がかかりやすいです。

そこで活用できるのが、私立幼稚園就園奨励補助金と私立幼稚園等園児保護者負担軽減補助金です。

対象世帯や通園する幼稚園が補助金の対象になっているかなどを確認して、申請時期に間に合うように動けるようにしておきましょう。

おすすめの記事