銀座にあるどら焼きの人気店3選

ちょっとした手土産などに重宝するどら焼き。

贈り物にするもよし、自分で食べるもよしの便利なおやつですよね。

じつは、銀座には、大手メディアに取り上げられたことがあるどら焼き店の有名店があるんです。

この記事では、そんな銀座の人気どら焼き店を3軒ご紹介!

ほかにもお店のメニューや基本情報を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まずは、多くの有名デパートに店舗を構える「銀座甘楽」をみていきましょう。

(掲載情報は201910月時点での情報です)

①銀座甘楽 銀座本店

はじめにお伝えする銀座の人気どら焼き店は、「銀座甘楽(かんらく)」。コリドー街にお店を構えるお店です。

まず、注目したいのは、「銀座本店」という部分です。

銀座甘楽はその人気からデパートなどで多くのお店を構えていますが、そんな多店舗展開するほど人気のどら焼き店の本店がこちらになるんです。

本店だからこそ、メニューも充実していて、どら焼きの販売はもちろん、和菓子を中心としたおいしいお菓子がそろっているんですね。

なかでも大福はぜひ購入しておきたいお菓子のひとつ。

店名の甘楽は「甘いもので皆様を楽しく幸せにしたいという思いを込めた名前です」とのこと。

銀座駅のA11番出口から徒歩5分程度のところにあります。

人気のどら焼き&メニュー

ここでは、銀座甘楽の人気メニューを3つ紹介しますね。

どら焼き

一つ目に紹介するのが、スタンダードなどら焼きです。

生地はもっちりとした食感で、あんは食欲をそそる風味となっています。

甘さも控えめになっているため、とても食べやすいですよ。

銀座甘楽が風味とおいしさにこだわったあんとなっています。

銀六餅

二つ目に紹介する商品は、銀六餅。

一つ目に紹介したどら焼きよりも、小さめのサイズのどら焼きとなります。

「どら焼きでは、少しサイズが大きいかな。」と感じる方は、こちらを購入するようにしましょう。

サイズ自体は小さいですが、味わいはたしか! もち米の入った生地の食感は、モチモチでおいしいですよ。

中身のあんこも、甘すぎずしつこくない味わいとなっています。

銀座甘楽でどの商品を購入しようか迷った際は、選択肢に入れてみてくださいね。

豆大福

大福も銀座甘楽を訪れた際に、ぜひ食べておきたいメニューのひとつです。

おもち自体が厚くなっていて、非常に歯ごたえがあります。

無添加で作られているため、健康的にいただくことができますよ。

また、日持ちも良いため、おもちのモチモチ感や食感をその日のうちに食べることで、存分に味わうことができます。

基本情報

店名 銀座甘楽 銀座本店
住所 東京都中央区銀座6-2 銀座コリドー通り
営業時間 月曜日~土曜日:10:0021:00

日曜日:10:0019:00

定休日 無休
電話番号 03-3573-2225
ホームページ http://www.kanra.co.jp/index.html

②木挽町よしや

二つ目に紹介するお店は、木挽町よしやさんです。

90年以上もの歴史をもつ老舗和菓子店で、伝統の味をそのまま現代に受け継いでいるお店です。

大手ニュース番組や情報番組、出版社に多く取り上げられているどら焼きの名店。

銀座でどら焼きのみを目当てに訪れる場合は、まずチェックしたいお店です。

あんは甘さ控えめながら、上品な味わい。

それもそのはず、北海道十勝産の最高級の小豆が使用されているんです。

また、作りおきなどをせず、毎日いちから作るどら焼きは、販売個数に限りがあります。

公式ホームページ上でも、「早めの予約がおすすめ」と記載があるので、購入時の売り切れには気を付けるようにしましょう。

木挽町よしやさんでは、どら焼きのみならず、お餅やようかんなどの用意もありますよ。

場所は、東銀座駅からすぐ。

駅から徒歩3分ほどで到着することができます。

人気どら焼き&メニュー

木挽町よしやさんの三つのメニューを見てみましょう。

どら焼き

しっとりした皮と甘さ控えめのあんが人気のどら焼き。

値段は1140円で、5個入りの箱から30個入りまでありますよ。

ちなみに、銀座・木挽町よしやさんのどら焼きは、歌舞伎役者さんにも人気があるといわれています。

実は、ここのどら焼きの形は、ふたつに折りたたまれている半月形で、大きさも控えめ。

あまり大きな口を開けなくても、食べることのできるその大きさから、歌舞伎役者さんへの差し入れとして好評なんだとか。

また、食べやすさのほかに、その見た目がとても可愛らしいのも魅力の一つ。

ぜひ写真におさめておきましょう。

水ようかん

銀座・木挽町よしやさんの人気メニューはどら焼きだけではありません。

ほかにもおいしいメニューがたくさんあり、その一つが水ようかんです。

値段は、一つ150円。

リーズナブルな値段でいただくことができますよ。

味は、丁度よい甘さと固さ。

とくに夏場に、木挽町よしやさんを訪れたらひとついただいてみてはいかがでしょうか。

ようかんを食べてゆっくりと休憩。

「簡単な腹ごしらえを済ませて、銀座の街へ繰り出す」というのも楽しみ方ですよね。

番外編:オリジナル焼き印

どら焼きなどの食べ物ではありませんが、よしやさんではどら焼きにオリジナル焼印を入れていただけます。

所要期間は23週間。値段は、16,000円~20,000円前後です。

オリジナル焼印を入れたどら焼きは、結婚式の引き出物としたり、会社イベントで配ったりと、さまざまなシーンで活躍してくれるはず。

特別なイベントをひかえている方はよしやさんでのオリジナル焼き印のどら焼きを注文してみてはいかがでしょうか。

基本情報

店名 木挽町よしや
住所 東京都中央区銀座3-12-9
営業時間 月曜日~土曜日10:0018:00
定休日 日曜日・祝日
電話番号 03-3541-9405
ホームページ http://kobikichoyoshiya.com

③大角玉屋 銀座店

三つ目にご紹介するお店は、大角玉屋銀座店。和菓子のお店です。

どら焼きはもちろん、団子などの生菓子や焼き菓子などを購入することができます。

大角玉屋さんの創業はなんと1912年(大正元年)。日本の和菓子屋さんの老舗ですね。

創業当初から和菓子屋さんだった大角玉屋さんですが、三代目大角和平は日本で初めていちご大福の製造をした方なんだとか。

現在では、親しみのあるいちご大福ですが、そのパイオニアが大角玉屋の三代目社長さんなんですよ。

大角玉屋銀座店の最寄り駅はJR有楽町駅。お店までは駅から150メートル強で、徒歩3分ほどで到着することができます。

人気どら焼き&メニュー

大角玉屋銀座の人気メニューをみてみましょう。

福音 栗どら焼き

一般的などら焼きの中に、栗の入ったどら焼きです。

昔ながらのどら焼きで、栗の風味は非常に豊か。

和菓子好きな方には堪らない一品となっているのではないでしょうか。

値段は、一つ270円(税込)。

大角玉屋さんのどら焼きをぜひ一つ食べてみましょう。

豆大福

二つ目は豆大福。

食品添加物や余分な砂糖が入っていない健康的な大福となっています。

つぶあんのおいしさや餅の弾力などを楽しむことができます。

値段は220円(税込)。

いちご大福

三つ目に紹介するのは、いちご大福。

冒頭でもお伝えした通り、大角玉屋さんといえばいちご大福のパイオニアです。

ぜひいちご大福はひとつ購入しておきましょう。

控えめな餡といちごの酸味が堪らなく美味しい一品です。

「いちごの酸味が強い」ということはありません。

非常にバランスの良いいちご大福ですよ。

また、あんこのべたついた感じもなくおいしく、いただくことができます。

基本情報

店名 和菓子処 大角玉屋 銀座店
住所 東京都中央区銀座西3-1 銀座インズ11
営業時間 月曜日~土曜日:10:0020:00
定休日 日曜日・元旦
電話番号 03-3563-1535
ホームページ http://www.oosumi-tamaya.co.jp/index.html

まとめ

この記事では、銀座のどら焼き店を3店舗紹介しました。

どのお店もそれぞれの特徴があります。

とくに、最後に紹介した大角玉屋さんでは、どら焼きと併せていちご大福も購入するようにしましょう。

いちご大福のパイオニアの味を知ることで、より和菓子を知ることができますよ。

また、どのお店もメニュ―にはどら焼き以外のお菓子が豊富に用意されています。

どら焼きと一緒に、他のお菓子を嗜んでみるのも良いですね。

おすすめの記事