銀座でフレンチのランチが美味しい人気のお店5選

仕事をして、家事をして、とにかく現代日本人は忙しい。

そして、年金2000万円問題もあるし、お金も貯めないと。

でも、今年も頑張りました。

頑張った自分にはちゃんとご褒美をあげると来年も頑張れるかも。

銀座でいただくフレンチは、ランチとはいえ、お安くはありません。

でも、飛行機代をつかって、香港やフランスへ行くよりは安く済むと考えちゃいましょう。

銀座には、素敵なフレンチレストランがいっぱい。

毎年一軒ずつ、ご褒美ランチで訪れてみませんか?

この記事では、銀座でフレンチのランチが楽しめるお店を5店舗ピックアップしました。

さあ、魅惑のリストの始まりです。

(掲載情報は2019年10月時点での情報です)

①ドミニク・ブシェ トウキョウ

「ドミニク・ブシェ トウキョウ」は、世界的なレストランの格付けランキングのミシュランで二つ星を獲得しているレストランです。

ジャマン、ラ・トゥール・ダルジャン、ホテル・ド・クリヨンなど、名だたるフランスの名レストランで料理長を務めたドミニク・ブシェ氏のお店です。銀座には2013年に出店しました。

ドレスコードがあり、男性はジャケット着用です。

ドミニク・ブシェは大変な親日家としても知られています。

そんな彼のお料理はぜひいただいてみたいものですね。

人気メニュー

アルモニ 11,000円(税込・サ別)

シェフからのおもてなしともいえる小さな一品プチ・サレとアミューズから始まる7品のコース。

お魚もお肉も楽しめます。

デザートも2種から選べます。

ゆっくりと時間をかけて、ドミニク・ブシェの世界を楽しめます。

ジェネラシオン 7,500円(税込・サ別)

前菜代わりのお野菜から始まり、メインはお魚かお肉を選べます。

2種選べるお店ご自慢のデザートを楽しみたい方はメインが1つのこちらのコースがおすすめ。

基本情報

店名 ドミニク・ブシェ トウキョウ
住所 東京都中央区銀座1丁目5-6 銀座レンガ通り福村ビル2F
営業時間 12:00-15:30 (L.O.13:30)
定休日 水曜日、夏季・冬季休業あり
電話番号 03-6264-4477
ホームページ https://www.dominique-bouchet.jp/

②ESqUISSE (エスキス)

ESqUISSE (エスキス)は、2013年から2019年までミシュラン二つ星を獲得しているお店。

「エスキス」は、フランス語で「素描」を意味しています。

絵画や建築の図面を大まかな線でえがくことで生まれる「素描」。

そんな束縛のない自由な感性を味わえる素敵なお料理が用意されています。

エグゼクティブ・シェフのリオネル・ベガの原点は南フランス・地中海から吹く風「ミストラル」。

銀座で「ミストラル」を感じてみませんか。

ドレスコードがあり、男性はジャケット着用です。

人気メニュー

メニューはすべてシェフの創作メニュー。

どんなお料理になるかはそのとき次第のよう。

ますますわくわくしますね。

10,000円(税抜・サ別)コース

グラスシャンパンから始まり、前菜3品、メインのお肉・お魚と続きます。

美しいデザートももちろんあります。

楽しみなコースですね。

14,000円(税抜・サ別)コース

グラスシャンパンから始まり、前菜、メインのお肉・お魚と続きます。

10,000円のコースとの違いは、前菜が4品になること。

エスキスの世界をより楽しみたい方はこちらのコースがおすすめ。

基本情報

店名 ESqUISSE (エスキス)
住所 東京都中央区銀座5丁目4-6 ロイヤルクリスタル銀座9F
営業時間 12:00-13:00 (L.O.)
定休日 日曜日夜

(翌月曜日が休日の場合は日曜営業、月曜夜休業)

電話番号 03-5537-5580
ホームページ https://www.esquissetokyo.com/

③ベージュ・アラン・デュカス東京

フランス出身でモナコ国籍のアラン・デュカス。

彼は、史上最年少33歳でミシュラン三つ星を取得したシェフなのです。

そんな彼の東京のお店が、「ベージュ・アラン・デュカス東京」です。

フランスが誇るブランド・シャネルのビルにあり、男性はジャケット着用というドレスコードがあります。

人気メニュー

平日のみのランチコース 5,900円(税込・サ別)

ひとくちサイズのアミューズから始まり、前菜もメインもそれぞれ一皿ずつ選べます。

もちろん、デザートと食後のお飲み物もあります。

ランチコース 7,500円(税込・サ別)

平日のコースとの違いは、メインが二皿選べること。

週末にいかれる場合は、ゆっくりとこちらのコースはいかがでしょうか。

基本情報

店名 ベージュ・アラン・デュカス東京
住所 東京都中央区銀座3丁目5-3シャネル銀座ビルディング10F
営業時間 11:30-16:00 (L.O.14:30)
定休日 月・火曜日、夏季、年末年始
電話番号 03-5159-5500
ホームページ http://www.beige-tokyo.com/ja/

④ロオジェ

日本勢も負けていません。

こちらは1973年に銀座で誕生したフランス料理店、ロオジェ。

伝統に加え、創業40周年を記念して2013年にリニューアルしました。

デザイナー ピエール=イブ・ロション氏が産み出した優雅な空間がお迎えしてくれます。

ドレスコードがあり、男性はジャケット着用です。

女性はワンピース等がおすすめ。

ちょっぴりおしゃれしてランチを楽しみましょう。

2019年にミシュラン三つ星を獲得したレストランです。

人気メニュー

Les Bells Gourmandes 15,000円 (税込・サ別)

アミューズ・ブーシュから始まり、オマール海老が入ったサラダ。

そして、金目鯛のお料理に熊本産あか牛のお料理。

ため息がでる美しさとおいしさを堪能したあとはデザート。

もう満腹!とおもっても、ご自慢のワゴンでサービスされるお菓子たちがまっています。

翌日からはダイエット決定!

でも楽しんでくださいね。

Menu Déjuner 11,000円 (税込・サ別)

アミューズ・ブーシュから始まり、鳥取の天美卵をつかったお野菜中心のお料理。

イベリコ豚をつかったお料理。

そして、デザートと続きます。

人気の甘いお菓子ワゴンももちろんあります。

このワゴンで出される甘いモノを満喫されたい方はこちらのコースがよいかも。

基本情報

店名 ロオジェ
住所 東京都中央区銀座7丁目5-5
営業時間 12:00-13:30(L.O.13:30)
定休日 月曜日、日祝日、夏季(8月中旬)・年末年始

不定休あり

電話番号 0120-156-051,

03-3571-6050

ホームページ https://losier.shiseido.co.jp/cuisine/

⑤銀座レカン

銀座4丁目にほどちかい真珠で有名なミキモトビル。

クリスマスの頃にはツリーが綺麗ですよね。

銀座レカンはそんなビルの地下にあります。

1973年に誕生したこのお店は日本が変化していくさまを見つめ続けてきたのでしょうね。

そんなお店で銀座デビューも素敵ですね。

こちらもドレスコードがあります。

男性はジャケットを忘れないようにしてくださいね。

人気メニュー

Le cime 12,000円(税込・サ別)

長崎五島列島のカツオからはじまる魚介とお肉たっぷりのコース。

デザートはワゴンから選べます。

老舗の味を楽しんでくださいね。

Menu Histoire 15,000円(税込・サ別)

まるで物語を読み進めていくように、季節の味わいが楽しめるコース。

シェフお勧めのコースだそうです。

お食事の内容がわからないからこそ、わくわくしますね。

基本情報

店名 銀座レカン
住所 東京都中央区銀座4丁目5-5 ミキモトビルB1F
営業時間 11:30-14:00 (L.O.)
定休日 日曜日、第1、第3月曜日
電話番号 03-3561-9706
ホームページ https://www.lecringinza.co.jp/lecrin/

銀座のフレンチランチ情報まとめ

素敵なお料理がいっぱいありましたね。

各レストランともホームページを記載してありますので、クリックしてみてくださいね。

レストランのイメージがよく伝わると思います。

どれをとってもお安いお値段ではありませんが、年に1度。

贅沢をしてしまいましょう。

ちなみにですが、毎月1,000円ずつ積み立てておけば、年末には12,000円になります。

この軍資金をもってでかければちょっと一安心。

今年は間に合わなくても、来年はぜひ。

さあ、年末まで、がんばっていきましょう!

おすすめの記事