銀座で美味しい餃子が食べられる3つのおすすめ店を紹介!

餃子が食べたい気分の時ってありますよね。

野菜とひき肉を皮で包みこみ、カリカリに焼き上げた餃子は、ご飯との相性抜群!

食べると元気が出て、身も心も満たされて幸せな気分になります。

家で作る餃子も美味しいけれど、プロが作る材料や焼き加減にこだわった餃子を思い出すだけで、すぐにでもよだれがわきそうです。

そんな庶民的な食べ物「餃子」ですが、実は高級グルメの激戦区「銀座」にも、知る人ぞ知る餃子の名店があるのはご存知ですか?

「銀座ならお寿司、イタリアン、料亭、いくらでも美味しいお店あるし、餃子を食べるにしても高級中華だけでしょ」

なんて思われるかもしれませんが、銀座を訪れる様々な人に合わせた餃子のお店を知っておくと、いざというときに便利ですよ。

そこで、この記事では、思わず人に紹介したくなる銀座の美味しい餃子の店を、厳選して3店ご紹介いたします♪

(掲載情報は2019年10月時点での情報です)

①銀座 天龍 本店

「銀座天龍本店」は、「銀座の上品なグルメより、量があってガッツリしたものを食べたいんです!」という、胃袋の大きい男性を主に連れて行きたい中華料理店です。

東京メトロ銀座線銀座駅から徒歩5分(銀座一丁目から直通)の天龍は、1949年(昭和24年)創業で、餃子のほかにも本格北京料理が食べられます。

名物の餃子以外にも65品ほどの品揃えを誇っており、店内は101席あるもののランチ時の行列は絶えないというので、その人気は相当なものですね。

「食べログ餃子2019百名店」にも選出されている実力派で、「銀座で餃子と言えば?」という質問があれば、必ず上位にあがるお店なので要チェックです!!

(参照:食べログ公式ホームページ「2019年 餃子 百名店」

コースの予約はできますが、席のみの予約はできませんのでご注意ください。

コースは本格中華が1日4,000円(サービス料・税込)からで、どのコースにも名物の餃子は入っています。

「焼きギョーザ(8個) 鍋貼」1,150円(税込)

さて、肝心の餃子はというと、初めて見る人はまずお皿をみてびっくりするはずです。

とにかくドーンと大きい!

まるで見た目はバナナのよう!

そんな普通の餃子の2倍~3倍ほどの大きさの餃子が、ぎゅうぎゅうに8個お皿に乗っている姿は、見るからに食欲がわきます。

しかし、60年以上行列が絶えない理由は、見た目の大きさだけではありません。

餡は産地直送の新鮮な白菜や長ねぎ、そして質の良い豚のモモ肉を、約40分かけて練るという手間隙かけています。

また、日本の餃子で主流のニンニクは不使用であり、女性にもうれしいですね♪

厚めの皮がじゅうじゅう焼かれてパリパリになった姿をみると、ジャンボ餃子であってもぺろりといけるでしょう!

お土産の場合、同じく8個入り1,200円(税込)で、焼き立ての餃子であるため賞味期限は当日中です。

(参照: 銀座天龍公式ホームページ「おみやげ餃子」

基本情報

店名 銀座 天龍 本店
住所 東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE GINZA 4F
営業時間 [月~金]11:00~21:30(L.O.21:00)

[土・日・祝]11:30~21:30(L.O.21:00)
定休日 年中無休(年末年始を除く)
電話番号 03-3561-3543
ホームページ https://ginza-tenryu.jp/

②京華小吃 (ジンホア 銀座)

「京華小吃 (ジンホア銀座)」は、「いかにも銀座っぽいグルメは飽きてきたから、ちょっと変わったお店に行きたいな~」という、“銀座慣れ”した女性を連れて行きたい小籠包と餃子の専門店です。

東京メトロ銀座線銀座駅から徒歩1分の京華小吃銀座は、2014年創業(日本1号店)で、2階建てのとてもおしゃれなアジアン風一軒家レストランです。

「餃子」と言えば「中国」のイメージですが、こちらの餃子はなんとシンガポールのチャイナタウン発のオリジナル餃子。

1989年創業のシンガポール「京華小吃チャイナタウン店」で、地元のシンガポール人のハン夫妻が生みだしたものなんです。

その味は、地元シンガポール人や日本人駐在員好みに合わせて工夫されており、いまも開業時のその味が変わらず引き継がれているとか。

今では、シンガポールに2店舗、ベトナムとイタリアに1店舗ずつ、そして日本国内では7店舗と日本での人気が一番高いんですよ♪

ちなみに一番人気は、餃子ではなく「ジンホア秘伝の肉汁たっぷり小籠包」4個520円(税抜)で、1日1000個以上売れているんだとか!こちらもぜひ食べてみたいですね。

(参照:食べログ公式サイト「京華小吃 メニュー」

「三鮮焼き餃子」5個480円(税抜)、8個 750円(税抜)

シンガポール発のオリジナル餃子がただの餃子であるはずはありませんよね!

一番人気の「三鮮焼き餃子」は、餃子の皮を餡を包んで閉じずくるっと巻き付けそのまま焼いて仕上げています。

そのため餃子の見た目は四角っぽく、ころころして可愛らしくとても食べやすそう。

餃子の餡には、豚肉、海鮮、野菜の三鮮が絶妙に練り混ぜ合わせており、日本人の口にもぴったりですよ。

また、京華小吃の餃子は、醤油だけではなくお好みで刻み生姜とあわせるのがお店のおすすめの食べ方です。

数も5個480円(税抜)、8個 750円(税抜)と選べるので、色んなものを少しずつたくさん食べたい女性にはもってこいですよね。

基本情報

店名 京華小吃 (ジンホア 銀座)
住所 東京都中央区銀座5-9-6 1F
営業時間 [月~金]

ランチ  11:00~15:00(L.O14:45)

ディナー 17:00~22:30(L.O22:00)

[土・日・祝]

ランチ 11:00~15:00(L.O14:40)

ディナー 17:00~22:00(L.O21:00)

定休日 年末年始
電話番号 050-5571-3607
ホームページ http://jinghua.sg/

③ラーメン松富

「ラーメン松富」は、「銀座でも緊張せず落ち着ける店で、“普通の餃子”が食べたい…」という方を連れていきたいラーメン店です。

東京メトロ銀座線銀座駅から徒歩4分の松富は、1996年創業。

銀座の裏手にひっそりたたずんでいるため、しっかりお店の場所を調べてから向かいましょう。

「餃子と言えば、やっぱりラーメンやビールとセット!むしろ、ラーメンをメインにしたい!!」という方も多いのでは?

そんな方の思いにも、しっかり応えてくれるのが「ラーメン松富」なんです。

入れ替わりが激しいこの銀座で20年以上続くラーメン屋の実力は伊達じゃありません。

ラーメン松富は「今日も明日も丹精を込めて」をモットーとしており、餃子セットはもちろん、担々麺に力をいれている点も魅力。

銀座でこの上なく落ち着けるお店として、きっと満足してもらえますよ。

特製松富餃子

ラーメン松富の餃子は、ラーメンに負けません!

特製松富餃子は日本人にお馴染みの「the・ラーメン屋の餃子」風の外見ですが、実は中の餡にはぷりぷり海老と干ししいたけが!

しかもニンニクは不使用で、野菜の甘みも絶妙です!

なんと日本航空の機内誌でも、『美味しい餃子を提供している全国6店舗』のうちの1店舗として選ばれたそうですよ♪

ちなみに、もちもちでジューシィな「特許シウマイ」もお店イチオシしで、その名の通り特許を取得済みの特殊な作り方なんだとか!

冷凍餃子と冷凍シウマイは持ち帰り可なので、ちょっと珍しい「銀座土産」にすると喜ばれるかもしれません。

基本情報

店名 ラーメン松富 (まつとみ)
住所 東京都中央区銀座6-4-16 花椿ビル1F
営業時間 [月~金]11:00~15:00 17:00~翌4:00
[土・祝]11:00~15:00
定休日 日曜
電話番号 03-3289-3465
ホームページ https://ramen-matsutomi.com/

銀座のおすすめ餃子情報まとめ

いかがでしたでしょうか。

銀座で食べられる餃子は、やはり他とは一味違うようですね。

3店ともぜひ実際に足を運び自分の舌で味を確かめてみてください。

きっと周りに自慢したくなり、連れて行きたくなると思いますよ。

その際は、スマートに相手に合わせたお店選び、喜んでもらいましょう♪