銀座でもつ鍋のランチが美味しいおすすめのお店3選

身も心も冷えてくる冬、おなかの中から温まるものが食べたくなります。

そんな、心も体も温めたいときのランチに“もつ鍋”はいかがでしょうか。

新鮮で甘みを感じるモツの旨みは心もホッとさせます。

しかも野菜もたっぷり入ってヘルシーなところもうれしいポイント。

今回は、そんな身体を芯から温めてくれるもつ鍋を、気軽にランチで食べられる店を3店舗ご紹介します!

(掲載情報は2019年11月時点での情報です)

①銀座ほんじん本店

銀座のもつ鍋の定番店の一つです。

夜のコースも魅力的ですが、ランチでもお手軽に本格的なもつ鍋が楽しめます。

東銀座から徒歩5分、首都高のすぐ近く、銀座からみて築地市場寄りのところにあります。

席数は24席、ちょっと小さめのお店です。

ちょっと面白い作りで、3階は屋根裏部屋になっています。

もつ鍋を提供する居酒屋は喫煙可のお店が多い中、ランチタイムが禁煙になっているのもうれしいポイントですね。

人気メニュー

ここは博多の名物が中心のお店。

何といっても看板のもつ鍋は定評のあるおいしさです。

昼は種類が限られていますが、夜であれば醤油、塩、特製味噌の3種類からスープを選ぶことができ、鍋のしめもちゃんぽん麺、中華麺、雑炊の3つの選択肢があります。

もつ鍋定食 1,000円(税込)

もつ鍋に、ごはんとお新香がセットになった「もつ鍋定食」です。

味は塩と醤油の2種類から選べます。

最初からもちもちの麺が入っていているのが、ランチのもつ鍋の特徴。

麺にモツの出汁が染みて、しめをそのまま食べているかのようです。

具材は新鮮でプリプリのモツ、油揚げとニラ、キャベツ。

調味料として卓上に柚子胡椒、唐辛子、すった白ごまが置いてありますので、お好みでどうぞ。

もつ鍋の通販 3,000円~6,800円

ランチとは違うのですが、この店では名物のもつ鍋と水炊きを通販できます。

味はしょうゆ味、しお味、みそ味から選ぶことができます。

分量は、2~3人前と3~4人前の2種類。

種類は、基本の「野菜なしのもつ鍋セット」「もつ鍋セット」「鍋ごともつ鍋セット」の3つあります。

価格は一番安い「野菜なしもつ鍋セット(2~3人前)」の3,000円から「鍋ごともつ鍋セット(3~4人前)」の6,800円まで。

ご自宅で、銀座ほんじんのもつ鍋の味を楽しめます。

基本情報

店名 銀座ほんじん 本店
住所 東京都中央区銀座8-15-6
営業時間 【月~金】

ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)

ディナー 17:00~翌0:00(L.O.23:00)

【土・日・祝】

17:00~23:00(L.O.22:00)

定休日 不定休
電話番号 03-3545-1866
ホームページ http://www.motsunabe.com/store.html

②博多ほたる 銀座店

銀座のもつ鍋といえば必ず名前が挙がるのが「博多ほたる」です。

「もつ鍋」+「銀座」といえば、このお店を外すことはできません。

銀座一丁目駅のほど近く、徒歩3分ほどの場所にあります。

レストランのようなオープンでおしゃれな店構えになっていて、女性でも気軽にふらっと入りやすいお店です。

カウンターでも鍋は食べられますし、席も多く60席あるのでランチタイムでもさほどに並ばずに済みます。

ここも、ランチタイムは全面禁煙になっています。

人気メニュー

もつ鍋専門店ですから、何といっても人気メニューのメインはもつ鍋です。

そのほかにも博多名物料理がたくさんあるので、ディナーに来てコースで楽しむのもおすすめ。

博多名物もつ鍋定食 1,350円(税込)

新鮮でぷりぷりのモツに、きゃべつ、ごぼう、ニラが入った鍋です。

スープは「重ね味噌」と「あご出汁醤油」の2種類から選べます。

ランチの場合は、全ての定食にサラダバーとドリンクバーが付いて、コスパ高。

個数限定でデザートがでることもあるようです。

個室もありますから、のんびり昼会も可能。

ほかにも、刺身も付いたもつ鍋御膳(1,700円(税込))もあります。

鍋だけでは物足りない方はこちらをどうぞ。

ランチにはほかにも、チキン南蛮定食や、博多名物の胡麻鯖をメインにした定食などもあります。

ディナー:もつ鍋 1,480円(税込)

スープは「重ね味噌」「あご出汁醤油」「またいちの塩」の3種類の味から選べます。

どれもしっかりニンニクがきいていて、モツの生臭さを消してくれます。

メインをもつ鍋にしたコースもあり、シーズンによってメニューと価格が変わります(6,000~8,000円(税込))。

肝心のモツ鍋は、真っ白で新鮮なモツに、キャベツ、豆腐、そしてニラがたっぷり載ったもの。

シメはちゃんぽん、博多ラーメン、おじやの3種類。

もつ鍋は2名以上からの注文になります。

基本情報

店名 博多ほたる 銀座店
住所 東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館 a館 7F
営業時間 ランチ:11:30~15:00 (LO14:00)

ディナー:17:00~23:00 (LO22:00)

定休日 不定休
電話番号 03-6228-7167
ホームページ https://www.behappy-obu.co.jp/hotaru

(参照:macaroni「洗練された福岡名物を。銀座「博多ほたる」について徹底追及!」

③昭和ホルモン食堂

最後はちょっと変わり種、「もつラーメン」を楽しむことができるもつ鍋専門店です。

実はこのお店、冒頭に紹介した「銀座ほんじん」の姉妹店で、本来はホルモンを中心とした焼肉店。

でも、注目はなんといっても「もつラーメン」。

もつの専門店だからこそ出せるラーメンです。

お店の場所は、築地市場のほど近く、東銀座駅から徒歩8分ほどのところにあります。

外観も内観も、名前が「昭和」なだけあってレトロな「ザ・居酒屋」という感じ。

木が多く使われていて明るい雰囲気のお店です。

席数は26席で、カウンター12席とテーブル14席。

なお、銀座ほんじんのもつ鍋をここでも楽しむことができるのもポイントです。

人気メニュー

ランチはラーメンが中心。

博多発祥のお店だけあって、スープはすべて豚骨スープです。

中でもランチの人気メニューは、もつ鍋には定評のある銀座ほんじんからのモツを使ったラーメンです。

もつニララーメン 950円(税抜)

しっかりと豚骨から取った濃厚なスープに、目にも鮮やかなニラが目一杯かかっています。

具には、夜のコースにも出す手間暇かけてじっくりと煮込んだ新鮮なモツ。

時間と手間のかかったモツは、ほんわりと柔らかい状態で麺にのっています。

ニラの代わりにネギをのせたネギもつラーメン(950円(税抜))もあります。

白ごはんと味付け卵をそれぞれ100円(税抜)で、替え玉を150円(税抜)で注文できます。

ディナー:昭和辛鍋 赤いミックスホルモン鍋 1人前1,500円

さきほど、このお店では、銀座ほんじんのもつ鍋が楽しめると記載しましたが、こちらでしか食べられないもつ鍋もあります。

それがこの「赤いミックスホルモン鍋」。

韓国風のキムチを使ったピリ辛のホルモン鍋です。

残念ながらディナーにしか食べられませんので、夜にチャレンジしてみてください。

基本情報

店名 昭和ホルモン食堂 銀座店
住所 東京都中央区銀座8-18-15 大川ビル1F
営業時間 【月~金】

11:30~13:30 17:00~24:00(LO1時間前) 【土・日・祝]】

17:00~21:30(LO30分前)

定休日 無休
電話番号 03-3549-1551
ホームページ http://www.horumonshokudou.com/ginza/index.html
https://horumon-syokudou-ginza.owst.jp/

銀座もつ鍋ランチのおすすめ情報まとめ

もつ鍋が食べたくなったときに、ランチでもつ鍋が味わえる銀座のお店を紹介してきました。

秋風が吹いてくると、食べたくなるのが鍋。

中でも、もつ鍋は胃から温まり、コラーゲンが多く含まれていて、女性には嬉しい内容です。

女性には居酒屋はちょっと敷居が高いですが、ランチならば気軽に入ることができます。

どこも夜には本格的なもつ鍋を出すお店ですから、ランチで味や雰囲気を確認してから、ディナーに挑戦するのもいいかもしれません。

おすすめの記事