銀座で評判の蕎麦ランチが食べられる人気店3つをご紹介!

ランチメニューとして、蕎麦の人気は絶大なものがあります。

あっさり食べることができ、また嫌いな人が比較的少ないメニューでもありますので、友人などとのランチとしても定番メニューですよね。

ただ、蕎麦と一口に言っても、製法や素材、分量の違いに応じて出来上がりも大きく異なるもの。

せっかく銀座にきたなら、ほかでは食べられないような蕎麦を楽しんでみたいですよね。

銀座には、本格的な手打ち蕎麦をランチとしてリーズナブルな価格で楽しむことができる名店が多くあります。

では、銀座においてどんなお店が人気なのでしょうか?

ここでは、銀座で特におすすめしたい蕎麦をランチで楽しめる名店3店舗ご紹介します。

(掲載情報は2019年10月時点での情報です)

①つきじ 文化人

「つきじ文化人」は、築地駅から240mの位置にあり、銀座駅からもアクセスしやすいところにある蕎麦屋さんです。2013年8月にオープンしました。

コンセプトは“新しい老舗”で、店主である松田裕次郎さんは、手打ちそば屋の老舗人気店「重吉」での修行を経て、つきじ文化人を独立開業しました。

「つきじ文化人」というネーミングは、“文化と人が集まる場所”が由来とか。

蕎麦という食文化や和の文化がこのお店に集結して、その文化を求めて自然と人が集うことを祈願してこのネーミングが付いています。

モダンな店内ではありますが、洗い出しの床などの和の伝統を強く意識しており、地域に愛されて誰もがくつろげる場所となっています。

営業時間については、ランチだけでなく夜営業も行っていますが、21:30がラストオーダーとなりますので、早めに来店することをお勧めします。

 人気メニュー

つきじ文化人のメインメニューは蕎麦となります。

また、サイドメニューとしておつまみ系のメニューがあり、お酒も飲むことができます。

食材については、新鮮かつ良質な素材にこだわっており、毎朝豊洲市場で仕入れているとか。

ただ、メインはあくまでも蕎麦。多くの方が本格蕎麦に舌鼓を打っています。

冷やかけそば(梅肉とカイワレ) 900円(税抜)

喉越し良くさっぱりとしたものを食べたい時に最適なメニューがこちらです。

そばの実については、店主が日本全国の産地を回って状態を見極めて厳選したもののみを使用しています。

また、店内の石臼でひいて手打ちしていますので、風味を失うことなく新鮮な状態でいただけます。

蕎麦本来の風味を楽しみつつも、梅肉の適度な酸味によって、よりさっぱり感が強まります。

カイワレについても、ワサビと違うツンと鼻に抜ける風味が絶妙です。

そば屋のコース 3,600円 (税抜)

その日入荷した食材によって微妙に内容が異なるコースです。

代表的なコース内容としては、以下のようになります。

  • お通し
  • 大山鶏焼き
  • きつね抜き
  • 三点盛り
  • あらびき蕎麦がき
  • 焼きのり
  • あおさ海苔の出汁巻き卵
  • もりまたはかけそば

(参照:蕎麦学

蕎麦がメインとなりますが、お造りや大山鶏焼きなどバラエティに富んだメニュー構成となっています。

ボリューム満点でおなか一杯味わえるのが良いですね。

基本情報

店名 つきじ文化人
住所 東京都中央区築地1-12-16-1階
営業時間 11:30~21:30
定休日 日曜・祝日
電話番号 03-6228-4293
ホームページ http://www.bizserver1.com/bunkajin/

②真田

「真田(さなだ)」は、銀座のスズラン通りに面したところにあるお蕎麦屋さんです。

さまざまなニーズに応じたお店となっていて、しっかりと食事されたい場合はもちろんのこと、カウンターで気軽にお酒を楽しめますし、飲みの後のシメの蕎麦をいただくことも可能です。

店内では、長野県を中心として活動する作家の作品が飾られており、壁に掛けられた絵画や料理が盛り込まれる器などは一つ一つ丁寧に作り込まれているのが印象的です。

林の中の一軒家をイメージして作られており、確かな技術を持つ職人が心を込めて調理した料理は高い人気を誇っています。

人気メニュー

真田は、信州の素晴らしい食材を贅沢に使用したメニューが魅力的です。

信州の契約農家から直送される新鮮な野菜や、地元で昔から愛されている伝統野菜といった、普段味わうことができない隠れた食材を用い食材の味を生かしたメニューがあります。

蕎麦についても、信州そばの良い点を存分に活かし、本場と遜色ないレベルの蕎麦が味わえます。

フードメニューにマッチするお酒も充実していて、日本酒と信州ワインは絶品とのこと。

お好み蕎麦セット 2,450円(税抜)

せいろ、かけ以外のお好きな蕎麦と 季節の前菜四種盛りを味わえる、ボリューミーなメニューです。

厳選したそば粉を用いて毎朝職人により打たれている蕎麦は、香りとコシが特徴となっています。

粉を石臼で粗く挽く事により独特の食感と香りを楽しむことができます

選択できるメニューとしては、クルミをふんだんに使用しコクが強いクルミだれせいろや、ハーブ鶏の出汁を使用して鶏肉と卵でそばを閉じたメニューである信州産地鶏と玉子とじそばを選択可能です。

基本情報

店名 真田
住所 東京都中央区銀座5-6-5 3F
営業時間 月~土曜日 11:00~4:30(ラストオーダー 3:30)

日曜日 11:00~23:00(ラストオーダー  22:00)

定休日 無休
電話番号 03-5537-7355
ホームページ https://ginza-sanada.com/index.php

③明月庵ぎんざ 田中屋 銀座本店

「明月庵田中屋銀座本店」は、銀座駅から181mという駅至近にあるお蕎麦屋さんです。

江戸蕎麦の味わいを追求していますが、ふらりと気軽に利用できる銀座ならではの落ち着いた佇まいが印象的です。

2階建てで両方ともにテーブル席が用意されていて、小上がり風の席にもテーブルが用意されています。

テーブル席の個室がありますので、どんな年齢の方でも利用しやすいように工夫されています。

また、接待やさまざまな会合にも利用できる会席コースもあるので、ビジネスシーンでも気軽に利用できますよ。

人気メニュー

「明月庵田中屋銀座本店」では、蕎麦とうどん、そしててんぷらが特に有名です。

どのメニューも食材選びからこだわっており、またリーズナブルな価格となっているのも魅力的です。

味の田中屋膳 2,830円(税抜)

蕎麦もうどんもてんぷらも楽しみたいという、欲張りな方におすすめなメニューです。

内容は以下のようになっています。

  • がんもの揚げだし
  • 玉子焼
  • にしんのうま煮
  • かまぼこ
  • そば天いなり生湯葉
  • 車海老天ぷら
  • 野菜天ぷら
  • 御膳せいろ
  • ごまだれうどん

蕎麦は最高級の玄蕎麦を用いて、田中屋特製の石臼によってゆっくりと丁寧に挽いて作られています。

その時々の蕎麦粉の状態を見極めており、一滴の水加減にも注意を払っていて蕎麦独特の香りと微妙な風味を逃がしていません。

また、だし汁に使用されている鰹節は通常の三倍以上の量で、より旨味が強く感じることができます。

梅おろしそば 1,460円(税抜)

鰹の旨味を残しつつ、梅の適度な酸味が良いアクセントなっているメニューです。

よりあっさり食べたいという際に特におすすめです。

基本情報

店名 明月庵 ぎんざ 田中屋 銀座本店
住所 東京都中央区銀座6-6-19
営業時間 月~金曜日 11:30~21:15

土・日・祝日 11:30~20:50

定休日 年始
電話番号 03-3571-8228
ホームページ http://www.soba-tanakaya.com/honten/tenpojyoho/index.html

 まとめ

銀座におけるランチでおそばが食べられるお店は、どこも本格的にそば粉から石臼まで最大限こだわっているのが印象的です。

本格的な蕎麦と同時に、てんぷらなどのサイドメニューも充実しているのも良いですね。

銀座という落ち着いた雰囲気がある街で、日本の伝統的な麺類である蕎麦をお腹いっぱい楽しんでほしいですね。

おすすめの記事